ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

ハードな一日を終えて。

 今日は、始業式が終わってから、歯医者、早稲田アカデミーのテストというなかなかハードなスケジュールでした。

 

そんな一日だったにもかかわらず、テストが終わってから、「楽しかったよ」と言っていた娘に感心しました。歯医者に行ってからは、少しグズグズでしたが、何とかテストは乗り切れたようです。

 

今回は、特にテストに向けた準備はしませんでした。日頃の成長の成果がどれくらいかを測るくらいの意味合いです。それよりも、どこを間違ってしまったのか、課題を発見するのが重要です。

 

まだまだ長い戦いが続くわけですから、ここで成果を求めても仕方ありません。成長を実感出来る良い機会くらいに考えています。

 

テストが終わった後は、心から「お疲れ様」の気持ちを伝え、近くのカフェでケーキを食べました。

 

本人は、早稲田アカデミーからもらえたグッズが気に入ったようです。

 

今日はとても疲れていそうだったので、そろタッチのミッションを2つ進め、Ankiの漢字だけをやりました。この二つだけは継続が大事なので。

 

帰ってからは、かねてから欲しがっていた公文の日本地図パズルをプレゼントしました。嬉しそうにピースを並べ、発展ピースまで一気に終わらせていました。

 

そして、急に大人しくなったと思ったら、布団で寝落ちしていました。

 

今日は本当にお疲れ様。よく頑張ったね。

 

お父さんは、これから男子サッカーのアジア大会決勝をのんびり観戦です。