ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

9月4日の振り返りとインターのアフターを辞める理由

今日は、朝起きるのが遅くなってしまったことと、インターのアフタースクールで帰りが遅くなったこともあり、百マス計算と英語本読書は出来ませんでした。

 

ただ、時間的にはこれが限界かな、とは思います。

 

最レベ問題集の時計の読み方のところに苦戦をしていました。普段から時計の読み方は教えているつもりなのですが、なかなか理解が出来ないようです・・。

 

最近思うところもあり、今行っているインターのアフタースクールはお休みすることになりそうです(お休みと言うか、このままフェードアウトする形になると思います)。

 

英語については、おそらく違ったアプローチが適当だろうというのが理由です。

 

アフタースクールで英語漬けになることも有意義だとは思うのですが、実態からすると、友達とは日本語で話してしまい、英会話力を付けるという趣旨からは遠い気がします。

 

また、中学受験をするということになると、一定程度英語から離れることは避けられません。アフタースクールでの英語は、どうしても子供向けの英語ですし、「慣れ」がなくなってしまえば、急速に衰えていくことが容易に想像できます。だとすると、あまり意味がないのではないか・・と思っているのです。

 

試行錯誤は続きますが、アフタースクールに通っているだけで英語がもの凄く上達したという話をほとんど聞かないことからしても、ある程度この仮説は正しいのではないかと思っています。