中学受験記録

娘(小2)の中学受験までの記録です。中学受験に向けてサピックスに通っています。

速読やそろタッチについて

 

 今日は、速読教室の体験に行く予定です。速読は自分もやっていたこともあり、娘には是非小さい時から取り組んで欲しいと思っていました。文字が速く読めるようになると、勉強の効率はグンと上がります。

 

ただ、速読は日々の読書に活かそうとは考えておらず、日々の読書は読み聞かせと音読を交互に行うようにしたいと思っています。情報を取り出す読書と、情景を思い浮かべながら楽しむ読書は、しばらくの間は並行する形が望ましいのではないかと思っています。

 

速読に慣れてくれば、速読でも情景を浮かべながら楽しい読書をしてくれるのではないかと期待しています。そのためには、ある程度の右脳開発をしていかないといけません。その役割を果たすのが「そろタッチ」でもある、という理由もあって「そろタッチ」はずっと継続する予定です。

 

そろタッチの認知度はまだまだ低いようですが、そろばんよりも時間がかからずに暗算能力を身につけることができるので、非常に効率が良いと考えています。そろばんをやって暗算能力を身につけるためには、かなりの練習量と時間が必要です。週3回もそろばん教室に通って、家でも練習するというのは、我が家ではとても無理です。

 

その点、そろタッチは毎日30分弱ほどの練習を続ければ1年くらいで上級暗算能力が身につくわけですから、とても時間効率が良いです。現在もアプリのアップデートをしながら、より高度な暗算も学習できるように進化しているようですので、今後も継続していければ、とても大きな武器になるだろうと思っています。