ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

9月11日朝の振り返り

今日は、かなり順調に日々のメニューをこなすことができました。この3日間くらいは、なぜか朝の勉強にも集中し、冗談を言いながら楽しそうに学習しています。

 

なるべく楽しい雰囲気で、少しずつ休憩や気分転換を入れながらやるようにしたから良かったのか、単なる機嫌の問題なのかは分かりませんが・・。

 

この間から、百マス計算は休止にし、その代わりに「そろタッチ」を3ミッションクリアすることを日々の目標にしました。ただ、朝に3ミッションクリアするのは、娘の集中力的には難しいようで、朝2ミッション、夜1ミッションで考えています。

 

Qubenaも興味を持ったようで、「これやっていい?」と聞きながら、毎日何問か問題を解いています。やはり同じiPadで簡単にできるため、「そろタッチ」が終わってからアプリが目に入るとやりたくなるようです。

 

Qubenaは理解度をみながら無理なく先取りができる点が優秀です。公文のように計算だけでもないので、その点も利点だと思います。

 

もう少し様子をみたいとは思いますが、RISU算数は完全に解約まっしぐらですね・・。