ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

9月24日の振り返り(映画「若おかみは小学生!」を鑑賞)

今日は娘の希望でマクドナルドで朝マックをしました。普段はマクドナルドには行かない方針ですが、今日は特別です。フィレオフィッシュが美味しかったようです。私はエッグマフィンとポテトの油で胃もたれしました・・。やはりマクドナルドはよろしくないと実感した次第です。

 

その後は、本も読めるカフェで読書をしたり、勉強したりしました。「そろタッチ」がそろそろJ7になるので、娘もモチベーションが上がったのか、「今日はそろタッチの気分なんだよねぇ」と言いながら一生懸命やっていました。

 

漢字プリントや算数プリントも順調に消化し、10時頃には今日の課題は全て完了させました。

 

その後は、家族三人で映画館へ。「若おかみは小学生!」の映画を観てきました。


劇場版「若おかみは小学生!」予告編

 

若おかみは小学生!」は、芦田愛菜ちゃんも読んでいたということから娘に勧めたところ、一時期ハマっていました。今は何故かそうでもないですが・・。

 

 

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)

 

 

 

小説では主人公の「おっこ」が背負う悲しい運命にあまり焦点が当てられていない印象でしたが、今回の映画ではその点が重要なテーマになっていました。交通事故で両親を亡くしてしまった「おっこ」の姿に家族三人で号泣しました。

 

娘は映画館で声を出して号泣。娘にとって両親を失うことなど考えもしなかったことだったのでしょう。自分に置き換えて考えたら涙が止まらなくなってしまったようです。

 

正直、これまで娘の付き添いでプリキュアの映画を観に行くのはツラいところもあったのですが・・「若おかみは小学生!」は親子で観に行くべき映画だと思います。

 

「家族が健康で一緒に居られること」に感謝をしないといけませんね。