ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

10月12日の振り返り(今日はお疲れモード)

今日は、(自分も含め)お疲れモードの日でした。

 

学童でも、漢字プリントは出来なかったようです。娘が「もう疲れたからやりたくない」と言い出したらしい。

 

学童の先生は「申し訳ないです」とおっしゃっていましたが、うちの娘がワガママを言って、こちらこそ申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

最近、算数の学習は迷走気味です・・。娘にとってちょうど良い難易度のもので着実に力をつけてあげられているのだろうかと思うと疑問です。

 

特に成長の度合いにも差がある小1の時点で、よくできる子が解くような難しいドリルを無理して解かせることに疑問を感じ始めています。

 

そこで、次回からは経験豊富な学童の先生に相談をして、娘に合うようなプリントを用意してもらえるように頼もうと思います。それで着実に力をつけられれば良いなと思っています。

 

あとは「プロにお任せ!」という気分です。

 

自分も仕事としてプロのサービスを提供しているので、やはり素人とプロの差は大きいと感じています。

 

僕は教育や受験については素人ですから、プロの方に従う方針にしました。

 

★本日の家庭学習の進捗

そろタッチ:2ミッション完了(9/30)(J8)

Anki:漢字学習完了

公文:国語BI-91〜95

漢字プリント:なし

算数プリント:トップクラス問題集(徹底理解編)2ページ

シンクシンク:なし

英語:お母さんとのフォニックス読み練習