ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

10月15日の振り返り(プロの指導はやはり的確)

今日の朝は、家族みんなで寝坊してしまったので、朝の漢字学習はAnkiのみとなってしまいました。

 

Ankiについては、以下のような記事も書いているので、ご参照ください。

 

funtouki.hatenablog.com

 

 

funtouki.hatenablog.com

 

 

今日は学童での課題は公文国語と漢字プリントだけにして、算数については、学童の先生にお任せをしました。僕からのリクエストは、計算ドリルのようなものではなく、思考力を養えるようなもので、娘の理解度に合ったもの、という感じでした。

 

娘を迎えに行った際に、娘に算数はどうだったか聞いてみたところ、「楽しかったぁ」との返事。市販のドリルとは異なるようですが、文章題や図形の問題もあり、思考力が養えそうな良い問題(パズルに近いかもしれません)という印象を受けました。また、徐々にレベルアップしていく構成になっているようで、これを進めていけば、かなり力がつきそうです。その場で答えが合っているかどうかも見てくれるので、家庭学習の積み残しが少なく、親としてはとても助かります。

 

やはりプロのノウハウに頼るのが一番ですね。

 

★本日の家庭学習の進捗

そろタッチ:2ミッション完了(18/30)(J8)

Anki:漢字学習完了

公文:国語BI-111〜115、音読

漢字プリント:「電」「冬」「刀」「当」

算数:Qubena15分

シンクシンク:3ゲーム完了

英語:お母さんとのフォニックス読み練習+CD