ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

思い切って娘の自主性に任せてみた(10月23日の振り返り)

我が家では、リビングにやや大きいホワイトボードを置いています。ホワイトボードの役割は、日々の課題がこなされているかを家族も共有できるようにすることです。

 


国産JFEホーローホワイトボード壁掛け用 W1200×H900【送料無料】 (T-34W)マーカーセット付期間限定特価【 一部離島・沖縄は別途送料かかります】

 

ただ、昨日からこれをやめてみることにしました。娘が日々の課題に追われる感覚を持っているのではないかと感じたからです。

 

そこで、ホワイトボードに娘が今日やりたいことを書いてもらうことにしました。やりたいことだけでなく、自分でやらないといけないと思うことも書いてもらいます。

 

娘の自主性を育てることが主眼にありましたが、新しい発見もありました。娘は、自分のやりたいこと順にホワイトボードに書いているのです。それを見ると、娘が意欲的に取り組みたいと思っていることが分かります。

 

ちなみに、今日はそろタッチ(そろばん)・英語音読・宿題・シンクシンクの順番でした。

 

意外にも、そろタッチがトップでした。自分で最初に書いたために意欲が高く、しっかりと3ミッションを完了させることができました。

 

次に英語の音読。お母さんと一緒にできるので、娘も喜んでやっています。優しい英語教室の先生に褒めてもらえるのも娘のモチベーションアップには繋がっているようです。

 

そのほかに、シンクシンクもこなし、学童ではしっかりと公文と漢字プリントもやってきていました。

 

自分で選択したことをやっているので、娘も楽しそうに学習していたのが印象的でした。

 

これまでの学習習慣の成果なのか、極端に学習内容が偏ることもなさそうです。娘なりに、これをやらないと気持ちが悪いなぁという感覚があるようです。

 

少しずつの成長を日々楽しんでいます。

 

★本日の家庭学習の進捗

そろタッチ:3ミッション完了(32/30)(J8)

Anki:漢字学習完了

公文:国語BI-140〜145

漢字プリント:「毎」「方」「来」「妹」

算数:なし

シンクシンク:3ゲーム完了

英語:お母さんとのフォニックス読み練習+音読