ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

サピックスに通うことになりそうです。おそらく・・(11月7日の振り返り)

今日は、ピグマキッズについて話を聞く機会がありました。

 

ピグマキッズは、放課後に学童として子どもを預かってくれて、その間にサピックスの通信教育であるピグマキッズくらぶの学習を見てもらえるというものです。

 

ピグマキッズとは - 新しい学童保育という形

 

かなりの人気らしく、新一年生の段階で入らないと、その後に入ることはほとんど不可能とのことでした。サピックスグループは流石ですね・・。

 

もっとも、ピグマキッズに関する説明を聞く限りでは、通信教育を家庭で進めれば足りるかな・・という気がしました。もちろん、共働きの家庭にとっては放課後にしっかりと通信教育を進めてもらえるのは有り難いのだと思います。

 

ただ、多くても週3回で、通信教育のピグマキッズくらぶの進度に合わせているようなので、その学童独特なものは得られない気がしました。せっかく学童に預けているのであれば、通信教育プラスアルファのことを期待してしまいます。

 

また、今日は最近のサピックスの入塾状況についてもお話を聞くことが出来ました。

 

最近は3年生の夏で新規募集を停止する校舎があるそうです。

 

今までは3年生の2月(新4年生)で入塾することがスタンダードでしたが、3年生の夏で募集を締め切っているということは、ほぼ1年ほど前倒し(2年生の2月)で入塾するのがスタンダードになっていると言えるのかもしれません。

 

娘が通えるエリア的には、新2年生で娘も通える曜日が設定されるようなので、来年の2月から通うというのは現実的な選択肢であるように思えました。

 

娘に「サピックスっていうところがあるんだって」と話してみると、「2年生の○○ちゃんも行ってて、楽しいって言ってたから、行ってみたい!」と言っていたので、良いタイミングなのかもしれません。

 

サピックスは全ての子どもに合うという訳ではないですが、やはりその実績はダントツなので、まずはサピックスに入塾して、娘の様子も見ながら合う合わないを決めても良いかなと思っています。実は僕もサピックスには通っていましたし(中学生の時に、受験前の半年ほどですが)。

 

さて、娘は、今日は民間学童ではなく、小学校併設の学童に行ってから、英語教室に行きました。英語教室では相変わらず娘を褒めまくってくれます。「笑っちゃうくらいお出来になるから、二人でレッスン中も笑ってましたぁ」なんて先生も言っていて、たくさん褒められるので、娘も毎回楽しくレッスンが出来ているようです。

 

英語教室が終わってからは、近くのカフェへ。僕は仕事、娘は少し積み残していた課題をやっていました。今日もとても良い日になりました。

 

そうそう。今日から3年生の漢字に取り組んでいます。

 

★本日の家庭学習の進捗

そろタッチ:2ミッション完了(J9)

Anki:漢字学習完了

公文:BII 1-5

漢字プリント:「悪」「安」「暗」「医」

算数:さんすうパズルもんだいしゅう これまでの直し

シンクシンク:3ゲーム完了

英語:お母さんと音読練習