ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

最近、弛んでるな・・。

民間学童でいつも日々の課題をこなすように言ってあるのですが、最近は慣れてきたのか、課題を中途半端なままにしていることがあります。

 

時間がかかり過ぎるなら調整しようと思っていますが、そこまで時間がかかるとも思えません・・。また、算数の問題を解く時間が少ないのも気になるところです。

 

日々の課題に変化がなさ過ぎるのも原因なのかもしれません・・。どうしようか悩みます。

 

学童から帰ってきたら、それ以上の学習を家ではしないのが理想です。家ではリラックスするだけの時間にしたいのですが、中途半端にやられると、家に帰ってからもやらざるを得ません。困りものですね。。もっと学童で気合いを入れて短時間で終わらせてくれたら良いのですが。

 

学年が上がれば解決する問題なのかもしれません。小学3年生くらいの子達は学童でよく勉強をしているようですから。

 

話は変わりますが、今日、漢検の詳しい結果が送られてきました。

 

結果は・・満点合格でした!

 

1問くらいは間違ったり、丁寧に書いてないからバツになるかと思っていましたが、大丈夫だったようです。採点は甘めなのかもしれません。

 

娘は、次回1月の9級も満点合格を目指すと言っています。もちろん満点合格が好ましいとは思いますが、あまり完璧を追い求め過ぎてもよくないので、確実に合格できるだけの勉強を淡々と続けて欲しいです。