ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

民間学童で一日過ごして。

昨日は、振替休日だったため、娘の学校はお休みでした。この機会に有給を取って平日のディズニーを満喫しよう!と考えた方が多かったのか、結局ディズニーランドも激コミだったようです。

 

うちは、朝から民間学童に娘を預けました。娘は民間学童をとても気に入っていて、嬉しそうに出かけていきました。

 

民間学童では、まず学習をすることになっています。日々の課題をしっかりとこなしてきました。学習習慣を付けさせることを第一に考えてくれるので、その点はとても気に入っています。

 

学童に来ていた子が少なかったため、「勉強に集中できて最高だった!」と喜んでいました。放課後に行くと、若干騒がしく、なかなか勉強に集中ができないようです。

 

娘の性格的に、あまり皆が居るところで何かをするのは好きではないようです。将来的な塾選びも、子どもの性格も考慮しながら決めないといけないな、と思っています。まずはサピックスに通塾してみるつもりですが、合わなければ違うプランも考えないといけません。

 

学習が終わった後は、ボードゲームで遊んだりして、とても楽しかったようです。民間学童には、様々なタイプのボードゲームが置いてあります。ボードゲームにとても詳しい職員の方もいらっしゃるとのことです。

 

娘は、ペンギンパーティというボードゲームがお気に入りとのことでした。

 

 

ボードゲームは、他の人ともかかわりながら、頭を使うことができるので、学力の向上にもつながりそうです。とにかく今は楽しんで頭を使って欲しいと思います。

 

自宅に帰ってからは、夢中でお絵かきをしていました。最近は漫画を描いています。学童に居る時にストーリーを考えて、それを絵にするという工程で進めているそうです。なんだかプロのようですね(笑)