ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

サピックス入室テストの後は・・

サピックスの入室テストが終わってから、お昼ご飯を食べ、少しカフェでのんびりとしました。娘とカフェにいる時間は、自分にとっても落ち着く時間です。今日は勤労感謝の日でしたが、僕は仕事をしていました・・。

 

カフェでは、娘は「江戸時代にタイムワープ」を読み耽っていました。楽しみながら歴史が学べるので、このシリーズは気に入っています。

 

また、もう少しだけ発展的なものを読んでも良いかなと思い、「はじめての日本の歴史」も購入してみました。おそらく明日には届くと思うので、さりげなくリビングに置いておこうと思います(リビングが本で埋まりそうです・・僕の本も多いですが)。

 

カフェでは、そろタッチもこなして、漢字練習も終わらせることが出来ました。

 

その後は、図書館へ。2時間ほど読みたい本を自由に読みました。娘は「漫画世界の歴史」を読んで、ガンジーについて学んでいました。ガンジーについては前に伝記で少しだけ読んだようです。

 

自宅に帰ってからは、算数のパズルをやったり、ピタゴラスプレートで遊んでいました。今日もよく頭を使ったと思います。

 

日々の学習を振り返ると、いわゆるテストの問題を解くようなことはやっていないんですよね・・それなだけに、いきなりテスト問題を解くと面喰らってしまうのかもしれません。まぁ、低学年のうちはこんな感じでも良いかとは思っていますが。