ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

フォトン算数クラブの入塾テストに申し込みました。

今日は、七五三でした。娘はきれいな着物に身を包み、髪の毛も可愛くしてもらって上機嫌です。おじいちゃん、おばあちゃん達にも会えて、嬉しそうにしていました。

 

神社でお土産としてもらったのは、なんとサッカーボール。娘がサッカーにハマっていることを知っているかのような、とても良いプレゼントでした。

 

さて、今日の13時からフォトン算数クラブの入塾テストの申し込みがあったので、申し込んでみました。もう既にいくつかの時間帯は満席になっているようです。

 

サピックスの入室テスト同様、完全な丸腰ですが、試験慣れのためにも受けてもらおうと思っています。

 

「算数は大好き」と言っていますが、あくまで学校の算数なら得意というレベル。それよりもハイレベルなことをやっている子達には到底敵わないとは思っています。

 

今回の入塾は叶わなくとも、来年は入塾できるレベルくらいになっていると良いなと思っています(学年が上がるともっと難易度は上がるようですが・・)。

 

まぁ、当たって砕けてみて初めて分かることもあるかなと・・。なお、試験の結果については、本人には教えない予定です。実力確認のようなテストであれば本人に伝える必要があると思いますが、合格不合格のあるテストについては、悪い結果は伝える必要はないと考えています。本人は難易度も分からないので、悪い結果だと傷つけてしまうだけですから。特に娘はプライドが高めなので、要注意です。

 

テストばかりで大変ですが、本人が出来るだけ楽しんで受けられるように、受けた後のご褒美を用意しておこうと思います。