ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

プロの家庭教師の方にアドバイスを求めることにしました。

ずっと考えていたことではあったのですが、プロの家庭教師の方からアドバイスをもらうことにしました。

 

妻は中学受験の経験がありますが、僕には中学受験の経験がありません。一応、それなりの試験に関するノウハウはありますが、それが中学受験に活かせるのかは未知数だと思っています。

 

むしろ、子どもの成長過程も踏まえて準備をしていかなくてはいけない中学受験においては、これまでの自分の経験を当てはめると危険な気がします。

 

そこで、自分の感覚と合致するプロの家庭教師の方からアドバイスをいただくことにしました。

 

家庭教師の方を選定するに当たっては、難関校対策のノウハウと実績があること、基礎を重視していること、明確な指針を示してくれること、教材を絞ってくれること等を重視しました。

 

上記の要素を満たし、自分の感覚に合致しそうな方がいましたので、コンタクトを取ってみたところ、早速一度娘を指導してくれることになりました。

 

日程調整等の事務的なことも誠実に対応していただいたので、好印象でした。こういったところでストレスを感じてしまうと、なかなか長いお付き合いは出来ないと思っていましたので、とりあえず一安心です。

 

まずは来月からのサピックス通塾に当たって、今やるべきこと、通塾してからやるべきことなどを相談してみようと思います。やるべきことを明確にしてもらったら、あとはその方針に従ってやるだけです。

 

受験においては、実績のある方のアドバイスを聞き、それを忠実に実践することが重要だと思っています。あれこれ色々なことに手を出して、結局どれも中途半端になってしまうことだけは避けたいところです。

 

★2019年1月2日の家庭学習の進捗