ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

手一杯で凹む。

最近、仕事も家庭も手一杯になっていて、そんな自分に不甲斐なさを覚えます。

 

もっと仕事をスピーディにこなさないと間に合わないし、家に帰ってからも色々な雑務を早くこなさないと、娘の睡眠時間を確保することが出来ません。

 

妻の帰宅時間は、いつも20時30分過ぎ。転職する前は、基本的に18時前には帰宅していたので、この2時間30分の差は大きいです。

 

妻が18時前に帰宅できるのであれば、たまには学童へのお迎えも頼むことが出来ます。その間に僕はもう少し案件を処理して職場を後に出来るかもしれません。

 

そんな「もしこうだったら」という考えが頭にあり、それとのギャップに腹が立ってしまい、そんな自分に自己嫌悪してしまうという悪循環・・。

 

また、このような現状が娘が高学年になっても続いてしまったら・・と思うと、とても中学受験を乗り切れる気がしません。

 

解決策を探らないといけないとは思うのですが、まだそこまでの気力が湧きません・・。どうしたら良いものか。。

 

★2019年1月17日の家庭学習の進捗

計算プリント:2枚
国語基礎トレ:1セット