ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。娘はサピックスに通う2年生。

そろばんの最終目標を決める。

今日、娘は大好きなお絵描き教室もあり、大満足な一日だったようです。一緒にカフェで勉強することもできて、娘の色々な話に耳を傾けることが出来ました。

 

さて、娘は、そろタッチという、そろばんアプリを使って、そろばんを習っています。その成長速度は凄まじく、わずか半年程度ですが、既に二桁のかけ算を暗算で難なくこなしています。

 

ただ、そろばんはずっと続けるつもりはありません。あくまでそろばんは「手段」であって、目的ではないからです。そこで、いつまで続けるか、どのレベルまで続けるのかを考えてみました。

 

結論としては、暗算検定1級を合格したら辞めるということにしました。欲を言えば、暗算で段位を取るくらいに極めて欲しい気持ちもあります。ただ、段位まで目指すと、時間的な費用対効果が悪いと感じました。

 

そもそも、そろばん塾ではなく、そろタッチというアプリを使うことを選択したのは、時間的な費用対効果の面を考慮したからでした。そろばん教室に通って受験等で使えるレベルの暗算能力を身につけるためには、週に何度も教室に通う必要があります。しかし、うちにはそれは現実的ではありませんでした。

 

そろタッチを始めてから、1日30分の練習を毎日続けることによって、現在は暗算検定4級程度の力をつけられています。今のペースで順調に進めば、暗算検定1級程度の力を、あと半年程度で身につけられる予定です。

 

半年後ということは、小学2年生の夏休み頃です。その頃までに小・中学校の数学まで使える程度の暗算能力を身につけられているのであれば、大きなアドバンテージになると考えています。「東大入試の特定の科目ではもっと必要」ということもあるかもしれませんが、現時点ではそこまでの暗算能力は不要と感じました。

 

最終目標が決まれば、あとはそこに向かって努力をするだけです。半年後にそろタッチを無事に卒業して欲しいと思います(ただ、暗算能力は使わないとドンドン落ちてしまうようなので、維持をするために、毎日ある程度は取り組む予定です)。

 

★2019年1月27日の家庭学習の進捗

計算プリント:2枚
国語基礎トレ:1セット